ヨドバシのスタイラスペン売り場でのこと

スタイラスペン売り場でふと足を止めた。
そこにはiPadが置かれて、実際にペンの試し書きが出来るようになっている。

僕はそのペンを使い、文字や絵、様々な線を描く。
いろいろなペンの試し書きをしてみて、その中に完璧な書き心地の商品があった。
ペンの先端が画面に触れてから、線が表示されるまでのタイムラグが全く無い。
最新のスタイラスペンの完成度に感動さえ覚えた。

売り場を立ち去る際、試し書きをしたものをクリア作業をする。
しかし、何度クリア作業をしても描いた線が消えない。
しばらくナゼ消えないのか理解できなかった。
僕が完璧な使い心地だと思って使っていたペンは、普通のボールペンだったのである。

僕は指でiPadの画面を強く擦り、ボールペンのインクを必死に消した。
スタイラスペンの比較用に普通のボールペンが置かれているとは思いもしなかった。
もしこれが油性マジックだったら、恐ろしい結果になっていただろう。
普通ボールペンでよかったと、僕は胸をなでおろす思いをした。


・・・売り場をよく見ると紙のノートも置かれていて、ボールペンの試し書きが出来るようになっていました。
比較するにしても、ボールペンとの比較は不要だと思うのですが(笑)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする