これが3Mナイフレステープ・フィニッシュラインだ!

カーラッピングする際に、シートをカットする作業が必要になります。
基本はカッターを使いますが、カッターの刃を入れるのが難しい場所や、ボディーに傷をつけやすい箇所には、このナイフレステープを使って作業します。

3Mの商品です。
このナイフレステープは様々な種類があります。

・フィニッシュライン
・パーフォライン
・ブリッジライン
・デザインライン
・トリライン

通常は3.5mm幅の「フィニッシュライン」や「デザインライン」を選べば問題ないと思います。
ドアなどの隙間部分には使えませんが、そこはカッターをうまく使えばカットすることができます。
カッターの扱いの慣れは必要ですけどね。

僕はストライプをカットすることは無いのでので、2層カットも可能な「フィニッシュライン」を使うことにしました。

50M巻きです。
4,000円で購入したので、1mカットするコストは80円です。

細い透明のテープに糸が貼られています。

裏面はこんな感じ。

切り始めは、糸を出してひっぱりながらカットします。

左(白)が「塩ビシート+ラミネート」。
右(黒)が「カッティングシート」

カーラッピングシートは当然綺麗に切れます。
今回は塩ビシートやカッティングシートがどのような仕上がりになるのかテストしてみます。

カッティングシートをカットしてみました。

切断面はこんな感じ。
カッティングシートは強粘着なので、ちょっとガタガタした切断面になってしまいました。

塩ビシート+ラミネートをカットしてみました。

塩ビシート+ラミネートをカットしてみました。
集めのシートですが、カットは可能です。
こちらは強粘再剥離だったので、それなりに綺麗にカットできました。

使ってみた感想

カーラッピングするには必須ですね。
無理してカッターを使うとボディーを傷つけますが、これを使えば綺麗にカットすることができますから。
ただ、カットするのにコストがかかるので、ガンガン使うのは躊躇してしまいます。

直線のような単純なカットラインなら、市販のポリエステルの糸で何とかなる気がしました。
ポリエステルの糸をぴんと張った状態でマスキングで固定し、それを使って切ると恐らくカットできるのでは。
近いうちにテストしてみます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする