無線LANのUSBにカードリーダーを接続

最近のSDカードやフラッシュメモリは大容量化も進んで使い勝手も良くなってきたので、無線LANに接続して使うことにしました。
以前はHDDを接続していた時期がありましたが、意外と音がうるさいし、電源が24時間入りっぱなしなのも気になり外してしまったんです。

今回はSDカードを接続。HDDと比べると容量が小さくなりますが、音楽データを入れるくらいなら十分ですね。

【挿入写真】

iPhoneやiPadの「Fire Explorer Free」というアプリで読み込んで使っています。

僕の使っている無線LANのメディアプレーヤー機能はファイル数制限があるため、Windows SMB接続でファイルへ直接アクセス。そうする事で膨大なファイル数でも読み込み可能になります。

Fire Explorer Freeの利点はフォルダ内のMP3データを“連続再生”してくれること!
当たり前の機能に思えるかもしれませんが、連続再生に対応していないアプリも多いんです。

Fire Explorer Freeの欠点は、僕のWI-FI環境だと時々切断される事。
あまり気にならないレベルですが、やや安定性に欠けましたね。
アプリと無線LANのどちらに原因があるのか判断ができないため、もしかしたら無線LANを交換すれば改善されるのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました