会社間の人工代の話

先日、会社間の人工代の話をしている人がいました。

「他の業者頼んだら値段が高かったから、安く手伝ってほしい」
「安くなければ頼まない」
「業界では日給15,000円が相場」など・・・そんな話題になりました。

個人の手伝いや個人事業主の場合は、働いたお金がストレートに自分のところに入ってくるので、その金額でも良いと思います。

ただ、別会社の人材派遣で15,000円といった金額を設定してしまうのは問題です。
会社が人を派遣した場合は“人の労働力が商品”という事になりますから、それで利益を出さなくてはなりません。
貸し出す人にかかっている人件費は会社の負担のわけで、正社員を15,000円で1日貸し出すと明らかに赤字です。

大掛かりな施工をする場合は人件費がかなりを占めるので、安く抑えたい気持ちもわかるんですけど・・・
外部の会社の人間を安く使えるはずがないので、何としても自社だけで仕事を完結させるのがベストですよね。
限界まで施工費を安く抑えたい場合は、自社の人間でまかなうか、日雇いのアルバイトさんにお願いするしかないかもしれませんね。

そんな風に思いながら、私は横から話を聞いていました(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました