Kindle Paperwhiteマンガモデル (第7世代 )購入

この度「Kindle Paperwhiteマンガモデル(第7世代)」を購入しました!
300dpiはやっぱり綺麗ですね。
とても見やすいです。

僕は今まで「タブレットのKindleアプリ」と、「Kindle 2014年モデル」で読書をしていました。
基本はタブレットで読み、日中の車の中や屋外ではkindle2014年モデルで読むというように使い分けです。

今回Kindle Paperwhiteを買い増したのは、
「イラスト系の書き方の本」を
多数購入してを読むことが多くなってきたからです。

1ページを長い時間かけて読む本は、タブレットだとバッテリーの減りが気になります。
kindle2014年モデルでは、解像度が167ppiと低めなのでイラストのギザギザが目立ちます。
活字なら問題ないのですが、画像系は見難いです。

イラスト系の本は文字データではないので容量も大きくなりがちなので、今回は

・300dpiの高解像度

・32GBのマンガモデル

をポイントに選びました。

本当は発売になったばかりの
「Kindle Oasis 2017年モデル」が欲しいのですが価格が3万円台・・・
延長保証やケース、フィルムなど購入したら4万円オーバーです。
画面が7インチに大きくなり、しかも防水タイプなので、ある意味Kindleシリーズの完成形に思われますが、僕は電子書籍リーダーにそこまで出せません(笑)

やっぱり価格的にお求めやすいのは
Kindle Paperwhite
になりますね。

とりあえず延長保証にも入ったので、Kindle Paperwhiteマンガモデルとは長い付き合いになりそうです。

無効なURLです

長年Kindle 2014年モデルを使用したので、上記の記事に書いた
「フロントライトのありがたみ」
を実感する事ができました。

フロントライトがある事によって、
文字のコントラストがハッキリして読みやすくなるんですね。
文字の読みやすさからいうと、断然Kindle Paperwhiteです。

タイトルとURLをコピーしました