ASUS無線LANルーターRT-AC65Uを購入!簡易NASの速度を測定

安定した簡易NAS環境を作りたくて無線LANルーターを購入しました。

今回購入したのは「ASUS(エイスース) RT-AC65U」です。

特徴は下記です。

– IEEE802.11ac/n/a/g/b対応
– 転送速度最大1,300MbpsのIEEE802.11acに対応
– 5GHzと2.4GHzのデュアルバンドに対応
– 同時に複数の機器と通信できるMU-MIMO技術に対応
– 接続機器を狙い撃つ「AiRadar」機能で抜群の電波の飛びを実現
– ルーター用セキュリティ機能の「AiProtection」が家庭内LANを強力に保護

価格は税込10,000円弱。
ルーターの中ではミドル機種の下位商品といったところでしょうか。

アンテナは内蔵タイプ。
デザインもすっきりまとまっています。

ランプ表示も控えめで、暗い部屋でもうるさく感じません。
就寝時にランプが点滅しまくっているとウザいですから、何気に重要なポイントです。

選ぶ際に重視したポイント

・11ac 1,300Mbps以上

・デュアルコア

・MU-MIMO

・AiProtection

簡易NASの利用を考えているので、CPUはデュアルコアの商品に絞り込みました。
データファイルの処理にはCPUに負荷がかかりますからね。

大量のデータファイルをコピーしている時のCPU稼働率は下記の写真になります。

CPUはMediaTek MT7621A (880MHz、デュアルコア)が使われています。
このCPUの名前を聞いても、どのようなスペックで、どのような位置づけなのか分かりませんが・・・。
コア数が4個表示されているので、このCPUは2コア4スレッドになりますね。
これは嬉しいポイントです。

MU-MIMOの機能は、いまのところ僕にとって恩恵はゼロなのですが、将来的に対応機器が増えることを想定しました。

AiProtectionについては、以前からルーターを使ったセキュリティに興味を持っていたので惹かれました。特に“AiProtectionが永久無料で使える”という売り文句に(笑)

使ってみて残念だと感じたところ

・簡易NASがexFAT非対応

・AiCloud非対応

・プリントサーバー機能無し

現在使用中の外付けHDDがexFAT形式にフォーマットしていました。
そのHDDをそのまま接続して使う予定でしたが、ルーターではHDD自体は認識はするものの、パソコンからはアクセスできませんでした。
調べてみるとexFAT非対応。
この点はとても残念なポイントですね。
僕はWindowsをメインで使っているので、NTFS形式にフォーマットし直しました。

対応形式については下記のサイトをご確認ください。

Plug-n-Share Disks Compatibility List

AiCloudとプリントサーバーについては、将来的に使いたくなる可能性もあるので、「あったらよかったな」くらいの感覚です。
この機能が使いたい場合は一段ランクが上の「ASUS RT-AC85U」、または旧機種で同価格帯まで値下がりしている「ASUS RT-AC68U」を購入するのもありでしたね。

実際に簡易NASとして使ってみた速度

簡易NASU用として接続しているのは、PQIのHDD 1TB(USB3.0)です。


▲5GHz 11ac 無線LAN接続
(ルーターとは別室。壁と廊下を挟んだ隣の部屋)

 


▲2.4GHz 11n 無線LAN接続(ルーターが設置されている部屋)

 


▲100Base 有線接続

 


▲1,000Base 有線接続

 

ルーターの簡易NASとして考えると、実用的な速度でしょう。

僕の環境では簡易NASとしての安定性も高いです。
無線LANの5GHz 11ac で接続した状態で「130GB(約4,000ファイル)」を一気にパソコンから簡易NASにコピーしても、問題なくスムーズに処理を終えました。
また、タブレット、AppleTV、パソコンを使って動画や音楽を同時に1時間ほど再生してみても、こちらも問題は起こりませんでした。

簡易NASは問題が発生しないで普通に使えることが一番重要ですからね。
これからは安定したホームネットワークで、快適ライフが送れそうです!

比較した商品

今回は海外メーカー重視で選びました。
海外メーカーの商品は「設定にやや癖はあるけどコスパが高そう」なイメージをもっているので、一度使ってみたかったんですよね。

今回買った「ASUS RT-AC65U」と同価格帯の

「Tp-link Archer C9」

この商品とギリギリまで迷いました。

発売から2年ほど経過した商品なので、ファームウェアの修正も多く入っているだろうから安定度も高そうです。
USBも2ポート付いているし、プリントサーバーの機能もある。
こっちを買ったほうが幸せになれたかもしれませんが・・・でも、今回はASUSルーターのAiProtectionで保護されてみたかったんです(笑)

近年Wi-Fiに接続する機器が増える一方なので、ルーターを使ったセキュリティーを考えるのに良い機会になると考えました。
ASUSの「RT-AC68U」も価格が10,000万円程度に落ちていたので良さそうでしたが、こちらは発売が2013年だったため候補から外しました。

もし次回買い換えるときもTp-linkとASUSの商品を軸に検討したいと思っています。

関連リンク

■ASUS RT-AC65U 公式ホームページ
https://www.asus.com/jp/Networking/RT-AC65U/

■ASUS RT-AC85U ホーム公式ページ
https://www.asus.com/jp/Networking/RT-AC85U/

■ASUS RT-AC68U ホーム公式ページ
https://www.asus.com/jp/Networking/RTAC68U/

■Tp-link Archer C9 ホーム公式ページ
http://www.tp-link.com/jp/products/details/cat-9_Archer-C9.html

その他の写真

タイトルとURLをコピーしました