国技館土俵撮影 – ISO比較写真(コンパクトデジカメ)

コンパクトデジカメで大相撲を撮影してみました。

大相撲の取り組みを撮影する場合、取り組みの被写体ブレを回避するためにシャッタースピードが1/125以上必要です。

シャッタースピードを1/125に固定し、ISOを変えて撮影してみました。

■ISO400 1/125

■ISO800 1/125

■ISO1600 1/125

■ISO3200 1/125

ISOを高めに設定するとノイズが多くでてしまうけど、コデジの限界ということで諦めるしかないかもしれません。

ノイズを減らしたい場合は、ISOを低めに設定してシャッタースピードを遅く設定するしかないけど、取組み時の被写体ブレが激しくて、まともに撮影できませんから。

大相撲をコデジで綺麗に撮影するのって難しいですね。

[撮影環境]
SONY DSC-HX30V
撮影画素:1000万画素
撮影モード:マニュアル

タイトルとURLをコピーしました